ご挨拶

はじめまして。日本礼法道協会代表理事の坂井志暢(さかいしのぶ)です。
皆さんは礼法という言葉にどんなイメージをお持ちですか?
堅苦しいイメージをお持ちの方も多いことと思います。
私自身もそうでした。

ところが実際に礼法を学んでみると、堅苦しいイメージとは違った「他者を尊重する温かさ」と日本人としての矜持が目覚める「凛とした清々しさ」に満ちていました。
何よりも穏やかで寛容な心を得られたと感じています。

礼法に触れることで日本人としての矜持が目覚め、ブレない軸を持って生きる
そんな日本人が増えて欲しいと思い、講座を運営してまいりました。
おかげ様で多くの方にご受講いただき、令和3年に一般社団法人日本礼法道協会を設立いたしました。

お互いが違いを認め合い尊重し合う
そんな社会の実現にむけて、これからも多くの方に礼法に触れていただければ幸いです。

身近な人、目の前の人を大切に想う気持ちを大切に、100年後の日本も平和でありますように。

プロフィール


日本の素晴らしい文化である礼法を多くの日本人に広めたいと思い、40代で講師として独立。
自身の 20 年以上のビジネス経験から、伝統的な礼法に実践的なビジネス視点を加えたオリジナルの個人レッスンを経営者・ビジネスパーソン向けに提供。

単なる作法ではない本質的な礼法を身に着けることは、本人だけでなく会社の価値を高めることに寄与するという考えのもと、企業研修も行う。

経営者層向けの個人レッスン、企業理念から接待の心得まで扱う役職者研修が専門。